HOME > 症例別一覧 > シンスプリント > シンスプリント

症例別一覧

< オスグット・シュラッター病  |  一覧へ戻る  |  坐骨神経痛とは? >

シンスプリント

シンスプリントとは足の脛(すね)の内側に痛みが起こり、特に足首に近い脛の内側の下の部分に発症しやすいです。

原因としては筋肉の使い過ぎ・バランスの悪いランニングフォーム・足のサイズに合ってないシューズ・クッションの悪いシューズ筋力不足偏平足・硬い地面でのトレーニング走り込み・過度の練習量・体のケア不足など様々な原因があります。

当院にシンスプリントの症状で来院された患者さんは10代の部活や運動をされてる患者さんが多いです。10代の子供達に多い理由としては成長期で体や筋肉が完成されてない筋力不足の状態で毎日、運動や部活動を行い筋肉を酷使しているのも10代の子供たちがシンスプリントを発症しやすい原因だと思います。後、一番気になったのは体を使ったら使いっぱなしにしている子供達がほとんどです。来院された学生の患者さんで練習後などにアイシングをしているか聞いてみるとほぼいませんでした。疲労は体を休めたりケアをしなければ蓄積されていくものです。まだまだ運動をしている子供達でアイシングの重要性が浸透していないみたいです。(アイシング
の重要性についてはまた後で書いていきます)

特にシンスプリント
に対してはアイシングは絶対にしてもらいた自己ケアです。(アイシングシンスプリントに限らずですが)シンスプリントは別名、脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれています。骨膜炎とは骨の周りは膜でおおわれていてその膜が炎症をおこして痛みを起こしています。シンスプリント別名脛骨過労性骨膜炎とはこのようにして痛みを起こしています。

シンスプリントの初期症状はスネの辺りに鈍痛みたいな嫌な感じを生じます。少しでも感じたら早めに治療をしてください。初期であればなおりも早いし激痛で歩くだけでも痛いなんてことにはならないはずです。ほったらかしにして我慢をしていると疲労骨折
になる可能性がでてきます。当院にも限界まで我慢して来院したときには疲労骨折になっている患者を何人も見ました。そうなってしまっては治るまでにかなりの時間がかかり痛みも長引きます。少しでも違和感を感じたら治療していくことをおススメします。

< オスグット・シュラッター病  |  一覧へ戻る  |  坐骨神経痛とは? >

カテゴリ:

お気軽にご相談ください。04-7186-6077

このページのトップへ