• 新着情報

種目別一覧

  • 野球 (2)
  • サッカー
  • テニス
  • 陸上
  • バレーボール
  • ボクシング
  • ゴルフ
すまいる鍼灸整骨院

〒270-0235
千葉県野田市尾崎35-1
[TEL] 04-7186-6077

予約優先制
[午前]  9:00~13:00 
[午後] 14:00~20:00

[休診日] 日曜日

メールでのご質問はこちら

HOME > 症例別一覧 > オスグット > オスグット・シュラッター病

症例別一覧

< 野球肘とは?  |  一覧へ戻る  |  シンスプリント >

オスグット・シュラッター病

オスグット・シュラッターは膝下のあたりに骨がでっぱてきて痛みが起こるもので特に小学生の高学年から高校生ぐらいまでの子供に起こりやすい疾患です。

この時期の子供に多いわけはちょうど成長期にあたり骨がまだ完成されておらず骨自体が柔らかく骨が未完成の状態なのに運動量が多く負担がかかっているからです。この年齢だとちょうどクラブチームや部活動などでほぼ毎日運動して足を酷使している子供が多いと思います。もちろん、運動をしていない子供でもなる事は十分ありえます。

なぜ骨が柔らかいとオスグットになりやすいかと言うと大腿四頭筋(だいたいしとうきん)と言う太ももの前側にあるとても大きな筋肉がありこの筋肉が膝辺りで膝蓋腱(しつがいけん)となり膝下まで付着しています。この大腿四頭筋膝蓋腱は走ったり、ジャンプしたりするときに筋肉が収縮して力を出します。このときに付着部の膝下辺りから引っ張られて骨が出てきたり、はがれてしまったりして炎症を起こし痛みが伴います。よくオスグットはサッカー・バスケット・バレーボール・陸上などのジャンプ競技や走ったりする競技になりやすいと言われているのはこういうことからだと思います。

こういった競技や男の子になりやすいと言われていますが、私が感じるのは実際にはこの年齢の子供達全員男女関係無しにオスグットになる可能性があると私は感じています。実際当院にオスグットで来院された患者さんには様々な競技の子がオスグットで来院しました。運動自体下半身に負担のかからないスポーツはありえません。毎日足を酷使しているはずです。もちろん女の子も来院したことがあります。

この年齢の時期は疲労の回復もケガの回復もものすごく早い時期です。ただいくら若くて早くても毎日使っていればいつか体は悲鳴をあげてケガをします。オスグットも疲労が回復せずに溜まっていけば痛みも長期化して運動も痛みで満足にできなくなります。疲労を溜めないためにも自分で出来る事、練習後のストレッチアイシングシャワーではなくて湯船にしっかり浸かるなど自分で出来る体のケアは行って行くことが大事です。


< 野球肘とは?  |  一覧へ戻る  |  シンスプリント >

カテゴリ:

お気軽にご相談ください。04-7186-6077

このページのトップへ