• 新着情報

種目別一覧

  • 野球 (2)
  • サッカー
  • テニス
  • 陸上
  • バレーボール
  • ボクシング
  • ゴルフ
すまいる鍼灸整骨院

〒270-0235
千葉県野田市尾崎35-1
[TEL] 04-7186-6077

予約優先制
[午前]  9:00~13:00 
[午後] 14:00~20:00

[休診日] 日曜日

メールでのご質問はこちら

HOME > 症例別一覧 > 頸椎ヘルニア > 頸椎ヘルニアの患者様

症例別一覧

< 小学生高学年の男の子の野球肘  |  一覧へ戻る  |  ぎっくり腰について >

頸椎ヘルニアの患者様

頸椎ヘルニアとは首の骨の間にある椎間板というクッションのような役割をしているものがあり、この椎間板がなんらかの原因によって椎間板線維輪が傷ついて中にある髄核が飛び出した状態を言います。この髄核が飛び出した状態をヘルニアと言いこれは胸椎にも腰椎にもおこります。胸椎に起きれば胸椎ヘルニア腰椎に起きれば腰椎ヘルニアと言います。

頸椎ヘルニアが起きる原因は年齢や運動によるもの遺伝的なものから外傷など様々な原因で起こります。

症状としては飛び出した椎間板が神経を圧迫しますので、片側、又は両側の肩から腕や手の方まで痛みや放散痛、しびれなどが起きたりします。両側がしびれや痛みが出てくると日常の細かな動作ができにくくなります。たとえばお箸を使ったり服のボタンなどが掛けにくくなったりなどの症状もでてきます。

当院にも頸椎ヘルニアと医師のほうに診断されて来院された患者様や過去に頸椎ヘルニアを患ってその後遺症で来院された患者様などが来院されています。保存療法が可能な範囲の頸椎ヘルニアであれば当院でも治療をして痛みやしびれなどを緩和していけますのでお困りの方はお気軽に一度ご相談下さい。


< 小学生高学年の男の子の野球肘  |  一覧へ戻る  |  ぎっくり腰について >

カテゴリ:

お気軽にご相談ください。04-7186-6077

このページのトップへ