• 新着情報

種目別一覧

  • 野球 (2)
  • サッカー
  • テニス
  • 陸上
  • バレーボール
  • ボクシング
  • ゴルフ
すまいる鍼灸整骨院

〒270-0235
千葉県野田市尾崎35-1
[TEL] 04-7186-6077

予約優先制
[午前]  9:00~13:00 
[午後] 14:00~20:00

[休診日] 日曜日

メールでのご質問はこちら

HOME > 症例別一覧 > 腰椎ヘルニア > 腰椎椎間板ヘルニアとは?

症例別一覧

< 肩関節周囲炎  |  一覧へ戻る  |  捻挫について >

腰椎椎間板ヘルニアとは?

一度は聞いたことがある症状だとおもいます。椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)とは、人間には首の骨(頸椎)・背中の骨(胸椎)・腰の骨(腰椎があります。骨と骨の間には、コラーゲンを多く含んでいる繊維輪(せんいりん)とその繊維輪のなかにゼラチン状の髄核(ずいかく)がクッションの役割を成しています。このクッションの役割をしている繊維輪髄核が骨と骨の間から飛び出したもの椎間板ヘルニアと言います。
腰椎
腰椎(腰の骨)から繊維輪髄核が飛び出したものを腰椎椎間板ヘルニアといいます。症状としては足に痺れがでたり激しい腰の痛み、歩行時や立っている時や座っている状態でも腰に痛みがでたり足に痺れがでたりする事もあります。症状がひどい場合だと間歇性跛行(かんけつせいはこう)と言う症状も起こります。 間歇性跛行 とは歩行時に負担がかかり足に痛みや痺れ、冷えなどが表れるが一時歩行を休むとまた歩き出せるというう症状です。

腰椎椎間板ヘルニアはおもに第4・5腰椎と第5腰椎と第1仙椎に起こりやすく痛みはほぼ片側の足の痛みが多いです。腓腹筋(ふくらはぎに筋肉)がケイレンを起こしたりすることもあります。

腰椎は常に立っている時でも座っている時でも体を支えるために負担がかかっている場所です。普段から気をつけていても突然症状が表れる事が多いです。ひとつの確立された原因ではなく様々な要因が影響して起こります。重労働や喫煙などの日常の環境因子から遺伝的なものまで様々です。




< 肩関節周囲炎  |  一覧へ戻る  |  捻挫について >

カテゴリ:

お気軽にご相談ください。04-7186-6077

このページのトップへ