• 新着情報

種目別一覧

  • 野球 (2)
  • サッカー
  • テニス
  • 陸上
  • バレーボール
  • ボクシング
  • ゴルフ
すまいる鍼灸整骨院

〒270-0235
千葉県野田市尾崎35-1
[TEL] 04-7186-6077

予約優先制
[午前]  9:00~13:00 
[午後] 14:00~20:00

[休診日] 日曜日

メールでのご質問はこちら

HOME > 症例別一覧 > 肉離れ > 肉離れについて

症例別一覧

< 離断性骨軟骨炎と出会った時  |  一覧へ戻る  |  肩凝りの原因って? >

肉離れについて

肉離れとは、自分の筋肉が強い筋収縮(筋肉がちぢむ)によって筋肉の部分断裂が起こることです。

特にスポーツ時に急激な筋肉の収縮力(ちぢむ)が起こった時に自分の筋力がその収縮(ちぢむ)力に耐えきれずに筋組織が部分断裂を起こすことを通称肉離れと言います。

肉離れが起こりやすい部位としては大腿直筋(太ももの前側)、ハムストリングス
(太ももの裏側)、大腿内転勤(太ももの内側)、腓腹筋(ふくらはぎに筋肉)などによく好発しやすいです。サッカーのシュート動作時には大腿直筋部・短距離走などではハムストリングス部・テニスやバドミントンの切り返し動作が多い スポーツでは腓腹筋部の内側が起こりやすい部位です。

原因としてはスポーツ時のウォーミングアップ不足・筋肉の疲れ・筋肉のバランス・一定方向のみの運動・ストレッチ不足・気温の低い時・などがあります。
肉離れを起こした時はすぐにアイシングで患部の炎症を抑えて下さい。間違ってもアイシングが終わった後に勝手に患部をマッサージするなどの行為は辞めて下さい。無茶なマッサージは逆に症状を悪化させてケガの治りを遅らせるので必ず専門機関に行って下さい。

大事なことは安静にしていれば治るとか中途半端な治療のままほったらかしにせずに完璧に治癒するまで治療して下さい。ほったらかしにしたり中途半端な治療のまま筋肉が回復していくと筋力のバランスを崩し一度痛みがなくなってもまたすぐに肉離れを起こしやすくなり肉離れクセになることがありますので治療機関に通い完全に治療することおをおススメします。


< 離断性骨軟骨炎と出会った時  |  一覧へ戻る  |  肩凝りの原因って? >

カテゴリ:

お気軽にご相談ください。04-7186-6077

このページのトップへ