• 新着情報

種目別一覧

  • 野球 (2)
  • サッカー
  • テニス
  • 陸上
  • バレーボール
  • ボクシング
  • ゴルフ
すまいる鍼灸整骨院

〒270-0235
千葉県野田市尾崎35-1
[TEL] 04-7186-6077

予約優先制
[午前]  9:00~13:00 
[午後] 14:00~20:00

[休診日] 日曜日

メールでのご質問はこちら

HOME > 症例別一覧 > 腰痛 > ぎっくり腰について

症例別一覧

< 頸椎ヘルニアの患者様  |  一覧へ戻る  |  ルーズショルダー >

ぎっくり腰について

朝起き上がる時や荷物をもちあげようとした時、顔を洗う為にかがんだ時、車から降りようとした時、クシャミをした瞬間など様々な要因でぎっくり腰になってしまった方がいらっしゃると思います。

ぎっくり腰は腹筋や背筋の筋力が低下し姿勢の悪化やハムストリングスや股関節周囲の筋肉の緊張、運動不足、外傷によって捻挫筋挫傷(きんざしょう)・肉離れヘルニア腰椎の骨折など様々な要因で起こります。

ぎっくり腰になるとかなり強い腰の痛みがあります。寝返りや歩行時にも腰に強い痛みが起こり日常生活もしんどくなると思います。

ぎっくり腰の痛みは腰の筋肉の損傷だけではありません。確かに腰回りの筋肉が損傷しその組織を守ろうとして筋肉が強く緊張したり筋肉がけいれんして痛みを引き起こしてはいますがその他にも腰の椎間関節の捻挫仙腸関節(骨盤の関節)をおかしくしてぎっくり腰をひき起こすことも多いです。

よくぎっくり腰になったら急性期は安静にしたほうが良いと聞くことがありますが私は早期に治療を開始したほうが治りは早いと思います。特に急性期のマッサージはよくないと聞く事がありますが先ほど書いたように筋肉の緊張やけいれんなども関係して痛みが起こっています。確かにむやみやたらにマッサージをすれば逆に炎症を強めますがしっかりと状態を診て行えば私は早期に筋肉の緊張やけいれんも緩和されると思います。

もし状態がよくなくて直接腰をさわらないほうが良い場合でもその他の腰に関連する場所からアプローチして筋肉の緊張やけいれんを緩和したりマッサージ以外の治療法でアプローチして痛みを緩和する方法もありますのでぎっくり腰になったら早期に治療を始めたほうが良いと思いますので気軽にご相談ください。


< 頸椎ヘルニアの患者様  |  一覧へ戻る  |  ルーズショルダー >

カテゴリ:

お気軽にご相談ください。04-7186-6077

このページのトップへ