• 新着情報

種目別一覧

  • 野球 (2)
  • サッカー
  • テニス
  • 陸上
  • バレーボール
  • ボクシング
  • ゴルフ
すまいる鍼灸整骨院

〒270-0235
千葉県野田市尾崎35-1
[TEL] 04-7186-6077

予約優先制
[午前]  9:00~13:00 
[午後] 14:00~20:00

[休診日] 日曜日

メールでのご質問はこちら

HOME > 症例別一覧 > 肩痛 > ルーズショルダー

症例別一覧

< ぎっくり腰について  |  一覧へ戻る  |  むちうちとは? >

ルーズショルダー

ルーズショルダ―とは肩の関節が抜けやすく不安定な状態になっている状態の事です。特に肩の反復運動を繰り返すスポーツ選手に多いですが、生まれつき靭帯が緩い遺伝性の方もいます。

ルーズショルダーは急性的に起きるケガではなく長い時間をかけて肩の反復運動によって起きるものです。ルーズショルダーで一番多いのは肩関節を支えている腱板機能の低下によるものが一番多いとおもいます。

支えている腱板は回旋筋腱板と言い肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・小円筋の四つの筋肉によって構成されています。この4つの筋肉はいわゆるインナーマッスルと言われている筋肉です。このインナーマッスルの力が弱かったり、バランスを崩してきたりすると関節を支えきれなくなり肩が抜けやすくなります。

最近特に学生で野球をやっている子に多くみられます。ボールを投げる事だけに一生懸命になりすぎてインナーマッスルのトレーニングをしていないと言うう子供達によく会います。インナーマッスルは小さな筋肉ですが運動をする上でとても重要な筋肉です。特に小学生くらいだと自分からトレーニングをすると言う考えは難しいかもしれませんので現場の指導者がきちんと教えると言う事が子供達の将来の為にも必要な事だとおもいます。


< ぎっくり腰について  |  一覧へ戻る  |  むちうちとは? >

カテゴリ:

お気軽にご相談ください。04-7186-6077

このページのトップへ