• 新着情報

種目別一覧

  • 野球 (2)
  • サッカー
  • テニス
  • 陸上
  • バレーボール
  • ボクシング
  • ゴルフ
すまいる鍼灸整骨院

〒270-0235
千葉県野田市尾崎35-1
[TEL] 04-7186-6077

予約優先制
[午前]  9:00~13:00 
[午後] 14:00~20:00

[休診日] 日曜日

メールでのご質問はこちら

HOME > 症例別一覧 > 腱鞘炎 > 腱鞘炎とは?

症例別一覧

< 坐骨神経痛とは?  |  一覧へ戻る  |  肘の腱鞘炎 >

腱鞘炎とは?

腱鞘炎とは、字の通り腱の炎症です。ではとはどういったものかと言いますと、関節を動かすときには筋肉が働きます。その使われている筋肉の力を末梢の方まで力を伝えている紐状のものをと言います。

腱鞘炎はよく自体が炎症を起こしていると思われがちですが、そのものの炎症ではありません。腱鞘(けんしょう)と言われるもので覆われています。腱鞘が動くときに浮いてきたりしないように抑える役目をしています。この腱鞘の間に炎症が起こったものを腱鞘炎です。

腱鞘炎になりやすい要因は関節の反復運動を継続して行ったり、関節をロックした状態で重いものを持ち続けたり、関節をロックした状態で衝撃を反復的に受け続けたときになりやすいです。腱鞘炎の正式な名称は狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)といわれています。又、ばね指なども腱鞘炎の1つです。

痛みがでたらほったらかしにして我慢せずに、使う頻度を少なくして早目に治療していきましょう。


< 坐骨神経痛とは?  |  一覧へ戻る  |  肘の腱鞘炎 >

カテゴリ:

お気軽にご相談ください。04-7186-6077

このページのトップへ