• 新着情報

種目別一覧

  • 野球 (2)
  • サッカー
  • テニス
  • 陸上
  • バレーボール
  • ボクシング
  • ゴルフ
すまいる鍼灸整骨院

〒270-0235
千葉県野田市尾崎35-1
[TEL] 04-7186-6077

予約優先制
[午前]  9:00~13:00 
[午後] 14:00~20:00

[休診日] 日曜日

メールでのご質問はこちら

HOME > 症例別一覧 > 腱鞘炎 > 肘の腱鞘炎

症例別一覧

< 腱鞘炎とは?  |  一覧へ戻る  |  小学生高学年の男の子の野球肘 >

肘の腱鞘炎

この間、肘の痛みを訴える患者さんが来院されました。問診をして触診をしていると上腕骨外側上顆に痛みがあり、話をきいていると庭の枝をかなりの数をはさみで切っていて痛みがでたそうです。肘のオーバーユース(使い過ぎ)による肘の腱鞘炎だと判断しました。

治療していくと前腕(肘から下の腕の事)の伸筋にかなりの緊張があり上腕骨外側上顆炎も起こしている感じがしました。筋肉でいうと回外筋総指伸筋長橈側手根伸筋短橈側手根伸筋尺側手根伸筋などの伸筋群を痛められて雑巾を絞る動作もできない程でした。

仕事上、休む訳にいかないと言う事なので使いながらの治療になり痛みがとれるまで普段より少し時間がかかりましたが今では痛みも軽減されて良くなったみたいです。腱鞘炎になれば安静にするのが確かにいいのですが、仕事をされている方や運動選手にとっては休んでいられない状態がよくあります。当然、安静にして治療したほうが治癒も早いですが、休むことが難しく使いながら治療していかなければならない場合もあると思います。

そのような状態になっても気軽にご相談下さい。相談しながら患者さんにとって一番良い方法を選択・提案しながら治療をしていきたいと思っています。






< 腱鞘炎とは?  |  一覧へ戻る  |  小学生高学年の男の子の野球肘 >

カテゴリ:

お気軽にご相談ください。04-7186-6077

このページのトップへ