• 新着情報

種目別一覧

  • 野球 (2)
  • サッカー
  • テニス
  • 陸上
  • バレーボール
  • ボクシング
  • ゴルフ
すまいる鍼灸整骨院

〒270-0235
千葉県野田市尾崎35-1
[TEL] 04-7186-6077

予約優先制
[午前]  9:00~13:00 
[午後] 14:00~20:00

[休診日] 日曜日

メールでのご質問はこちら

HOME > 症例別一覧 > 野球肘 > 野球肘とは?

症例別一覧

< 腰部脊柱管狭窄症とは  |  一覧へ戻る  |  オスグット・シュラッター病 >

野球肘とは?

野球をやっている人なら一度は聞く名前だと思います。他にもリトルリーガー肘・ベースボール肘などとも呼ばれる事もあります。ただ野球肘は野球をやっていて肘を痛めた時に使われている総称の呼び名で多くは上腕骨内側上顆炎上腕骨外側上顆炎などの事を指すことがほとんどです。(上腕骨内側上顆炎と外側上顆炎については別で更新します。)

野球で痛めたら野球肘・ゴルフで痛めたらゴルフ肘・テニスで痛めたらテニス肘などとも呼ばれます。

上腕骨内側上顆炎外側上顆炎の初期段階であれば少しの期間で良くなりますが、怖いのが痛みを我慢してほったらかしにして野球をしていると剥離骨折(はくりこっせつ)や疲労骨折遊離軟骨(ねずみと言われているもの)・骨端線離解(こったんせんりかい)など大変なケガを引き起こします。

成長期の子供達に多く発症するのは筋肉の未発達肘に負担のかかる投球フォーム 
ウォーミングアップ不足 投球後のケア不足など様々な原因で起こります。特に子供たちはボールを遠くに投げたい・少しでも速いボールを投げたいと思い力が入り過ぎて上半身の力だけで投げようとして力みすぎて手投げ状態になりやすいです。力んで投げてもボールは遠くにも投げれないし、速いボールも投げれません。逆に肩や肘に過度の負担ストレスを与えるだけでいいことはありません。投球フォームのクセと言うのは一度ついたら中々直りにくいです。小さい時から負担のかかりにくい正しい投げ方を教わり、身につける事も大事な予防だと思います。

無理をしてほったらかしにして変形性肘関節症になり肘が完全に伸びたり曲げれなくなった患者さんにも多数出会いました。大きなけがや後遺症が残るようなケガをしない為にも痛みの初期段階で治療をして頂けたらと思います。

< 腰部脊柱管狭窄症とは  |  一覧へ戻る  |  オスグット・シュラッター病 >

カテゴリ:

お気軽にご相談ください。04-7186-6077

このページのトップへ