• 新着情報

種目別一覧

  • 野球 (2)
  • サッカー
  • テニス
  • 陸上
  • バレーボール
  • ボクシング
  • ゴルフ
すまいる鍼灸整骨院

〒270-0235
千葉県野田市尾崎35-1
[TEL] 04-7186-6077

予約優先制
[午前]  9:00~13:00 
[午後] 14:00~20:00

[休診日] 日曜日

メールでのご質問はこちら

HOME > 症例別一覧 > 顎関節症 > 顎関節症について

症例別一覧

< 片頭痛(偏頭痛)  |  一覧へ戻る  |  腰部脊柱管狭窄症とは >

顎関節症について

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、あごの運動時に痛みがある症状です。顎関節症は物を噛むときや口を開けたり閉じたりするときに使われている筋肉の咀嚼筋(そしゃくきん)と言う筋肉に痛みを感じる障害と顎関節自体にゴリゴリやカクンと言った雑音があり痛みや可動域制限があるこの二つ混じった症状の呼び名が顎関節症と呼ばれています。(どちらか一つの症状で現す場合もあります)

原因としてはいくつもの要因で起きる疾患なのでハッキリした原因は確立されていませんが、疲労を溜める生活・頬杖(ほおづえ)をつく歯の噛み合わせ異常・柔らかい物しか食べない食生活・精神的ストレス歯ぎしり食いしばりなども原因とされています。

特に精神的ストレスを溜めると歯ぎしり食いしばりが起こりやすくなります。普段の食事の改善やクセなどの生活習慣であれば意識して改善していけますが、歯ぎしり食いしばりは寝ている時に起こしやすく無意識で行っているときがほとんどなので自分で気付く事が難しいのでご家族や友人などに寝ている状態のことを聞くのも大事だと思います。片頭痛の所でも書きましたがストレスは目に見えて分かるものではないのでご自身がリラックスできる事や気持ちを発散できるような趣味などを行うのもストレスを溜めない方法だと思います。


女性に多いと言われる疾患ですが私は男性の顎関節症の患者さんにも出会ってきました。ですので子供から大人まで起きる疾患ではないかと思います。

< 片頭痛(偏頭痛)  |  一覧へ戻る  |  腰部脊柱管狭窄症とは >

カテゴリ:

お気軽にご相談ください。04-7186-6077

このページのトップへ